「ワタシだって昔からの夢を叶えたい!」「育児と仕事の両立、どうすれば?」このサイトは、そんなママの社会進出や起業を総合的に支援する女性のお仕事サポートサイトです。空いた時間を使って始めるプチ起業も、本格的なお店の開業も、成功例を交えてご案内!あなたも一緒にいきいきワクワクした日々を目指しませんか?
税金・確定申告・届出
WEBを使った集客
起業成功講座
育児方法・旦那との付き合いなど

起業前に要チェック!助成金を活用しよう

助成金の種類

起業する前にしっかり知っていただきたい助成金についてまとめてみました。昔に比べてベンチャーとして起業する会社も増え、厚生省などの補助金制度もかなり増えています。知らないと損をするこの制度。しっかりチェックしてみてください。

創業するなら要チェック!「創業促進補助金」

新たなニーズに応える新商品・新サービスプラン提供を考えているなら、創業前に要チェックです。
これから創業(設立など)や第二創業(新事業、新分野に進出)するときに、「創業促進補助金」では最大200万円(補助対象経費の3分の2以内)の補助金が受けられます。
補助の対象は、人件費、起業や創業にかかる官公庁への届け出等にかかる費用、店舗などの借入金、設備費、原材料費、旅費、マーケティング費用など。 これから創業する人にとって強い味方の補助金です。

参考:創業補助金(創業促進補助金)公募のご案内

革新的なサービス創出をお考えなら「ものづくり・商業・サービス補助金」

補助の対象は、原材料費、機械装置費、試作品・新サービス開発にかかる経費(人件費含む)など。
ITやロボット等の専門的なモノづくりを考えているなら、欠かせない補助金です。

1.革新的なサービスの創出(補助率 2/3)
(1)一般型  補助上限額:1,000万円
(2)コンパクト型 補助上限額:700万円
2.ものづくりの革新(補助率 2/3)
補助上限額:1,000万円
3.共同した設備投資等による事業革新(補助率 2/3)
補助上限額:共同体で5,000万円(500万円/社)

参考:ものづくり・商業・サービス補助金について

シングルマザーを積極的に雇用するための助成金

「特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者雇用開発助成金)」は、シングルマザーや高齢者、障害者などを雇い入れることでもらえる補助金です。補助金は最大240万円が受けられます。
雇用条件を柔軟に対応できることやシングルマザーは起業ママには欠かせないパートナーとなるかもしれないありがたい制度です。

参考:特定求職者雇用開発助成金について

新しく人を雇うなら「トライアル雇用奨励金」

知識や経験が未熟な人やシングルマザーなどをトライアルで雇い入れるともらえる助成金です。
助成金は月額最大4万円が受けられます。
専門的な知識がない人が働きながら身につけるための助成金です。人材育成に持ってこいですね。

参考:トライアル雇用奨励金

他に補助金を受けず、市区町村と連携して、新たなサービスを開始するために創業するための補助金です。
補助金は最大1000万円が受けられます。

参考:中小企業庁 創業支援事業者補助金について

従業員の仕事と家庭の両立に「両立支援助成金」

特に、子どもや家庭のある人のための制度です。
会社は、小学3年生までの子どもを持つ働くママにはありがたい制度です。働く時間を通常の社員よりも
短時間にするなどして助成金がもらえます。
一人当たり年間最大40万円。会社にも従業員にもやさしい助成金です。

参考:厚生労働省 両立支援助成金

よく読まれているページ
美容関連のビジネスをはじめるなら必見

New Post

bride-and-groom-3098858_640
事務所を持たない出張型結婚相談所経営者さんにインタビュー

大阪で出張型結婚相談所を経営してる町のブライダルミューナ 町さんにインタビューしてみました。 事務所を持たない

office-620822_640
司法書士事務所女性オーナーにインタビュー

横浜で司法書士事務所を経営してる遠藤友香さんにインタビューしてみました。 彼女とは、ある旅行がきっかけでのお知

IMG_4759
ポーセラーツサロン&教室開業インタビュー

東京秋葉原でポーセラーツサロン Empress を経営してる麻植かなさんにインタビューしてみました。 彼女とは

shipping-containers-1150062_640
主婦でも月に30万以上稼げる転売ビジネスのノウハウとは!?

メルカリアプリを通して、数万から数十万円が稼げる目途がつくともっと本格的にネットビジネスに参入したいと考えるも

technology-791029_640
開業資金を確保するのにメルカリを利用しよう

起業しようと思い立つママは増えつつあるものの、ぶつかってしまうのは資金面です。どうやって開業資金を作るのかとい